同じ釉薬でもメーカーの焼き方で色合いが変化するため、いくつかの配合を編越した釉薬を試作します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です